『しろねこ』の存在理由…。忘れてなどいない((( '')*

2014年10月



最近入荷の Diamond から、、、




コレクターズ ダイアモンドでしょうか。



『笑えるぜ』ダイアモンドでしょうか?。



いずれにしても、超レアは確かです(^_^;)






ブラックのダイアモンド(0.96ct)の、中央が無色のコです。



Photo:ぴんぼけ。






で、これは?、『ミッキー?』


イヤイヤ、これは、『テディベア?』






、ピントを合わせると、、、、、、




目、くち、鼻すじがきちんとあります。







誰ょ、(==)?、、、。




どこぞの『ゆるキャラ?』ですか?(==)?????





Fancy color Diamond ではなくて、


Funny color Diamond でした(((__)。







出来ましたでーす

ヽ( ̄▽ ̄)ノ 。





ずぅぅいぶん前に『EPTA』と言う出版物の取材のお話しはあったのだがーー


その時、4時間ぐらいだったか、色々お話ししたのだがー


(一応、取材なので、長々録音される)





その後、



お盆休みを挟み、

バタバタバタバタo(><;)(;><)oと『カラーダイアと特殊なダイアちゃんたち』の事を書かせていたただきました(^_^;)





宝石特集号で『宝石への道』ってテーマ。



そして、『しろねこ』のテーマは

『カラーダイヤモンドの魅了』です(^_^;)



他の執筆者と内容がカブらないように、
テーマや内容やらヤラは『EPTA』のライターさんが決めるのだがーー。

ライターさん、たいへんだぁ(==)




さらに『しろねこ』のトコのカラーダイアの写真は、

アートディレクターさんの要望により、

プロのカメラマンにての写真撮影。





カメラマンさんと、アートディレクターさんと、編集者さんと、『しろねこ』の4人で小さな被写体に格闘(*_*;)))、、、
(PM5:30から10:30まで5時間……)


(『しろねこ』が写した写真も二枚使ってまーす)






そしてそしてそして、、、

、、、出来上がりましたヽ( ̄▽ ̄)ノ



●宝石全般を『諏訪貿易』の会長さん、
●地質・鉱物的な事を『国立科学博物館』の方や、
●アンティークジュエリーの事を『穐葉アンティーク美術館』の方やらやらやら、、、
『大御所さん』も色々と書かれておりますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

(注:え?、これは…???( ; ゜Д゜)でしょ?。って内容のもあります。残念ですがね)




取材記事は、広告的な物では無いので、
お店の住所も電話番号さえ載らない出版物ですがね。

執筆者の経歴は載るのね。

(しかし、経歴のトコ、直してってお願いした所がミスってる(==)…)




と言いますかね、(゜_゜;)、、、、?

本屋さんで売って無いって?
講読者の為の出版物?

(何かの団体や、宗教や、お金集めとも無関係の出版物)



んーーん(* ̄ー ̄)
スゴーーイ。

『講読者と発行元』の力で成り立っているなんてスゴーーイ。



『しろねこ』のトコのアピールにはなりますですし、

少々、部数をウチでキープさせて頂きました。

(販売もします。定価¥700税込です。)




宝石大好きな『殿(顧客さん)』たちにあげよー(^-^)

喜んでもらえると良いなぁー ((( ^-^)






宝石に無関心な人から、フツーのジュエリー好きまで楽しく読める『宝石特集』です(^-^)v






あーーーーき、ですか?


少々夏ですか?


んまぁ、晴れです。





『地球様』と『太陽様』の恵みをうけつつがんばります。



(house music物のアプリを聴きながら、口をUの字に、小さな瞳を大きくして歩きます)

、、、(’u’*))))……、、、、、、



そう言えば、、、、( (* ̄ー ̄)


『しろねこ』の好きなアールデコ。




その、アールデコ期(1920年ゴロ)の好きなファッションデザイナー『Erte'』エルテさん(昔の人)は

このあいだ(前回)のロシア紙幣の6年前、1892年生まれのロシア人だ( ゜o゜)



例の紙幣たちが出まわった頃は、エルテさんもロシアに居られたわけだ。Ψ( ̄∇ ̄)Ψ





んまぁ『Erte'』さんのご活躍は、フランスとアメリカが主で、生まれたロシアとの繋がりは良く知らんですがね(^_^;)。




日本なんかだと無名で、バブル期(生きておられました)の、大きい版画(アールデコ期のファッション誌 Harper's Bazar のデザイン画を版画にした物やら)が知られていて、、、
「バブルの時の女性の版画の人?」なんて、軽ぅい、イメージですけどね(==)




同郷が呼んだのか、やっぱ、『ロシア紙幣』ちゃんたち、神棚(みたいなトコ)にそーーーーっと置いといてあげよー(^-^)

(その他、明治やらのコイン達も一緒にね)






上の写真、
中央の白いのは、1980(昭和55年)、新宿伊勢丹美術館
手前の黒いのは、1989(平成元年)、池袋西武百貨店

それぞれの作品目録。




下の写真(お店の壁)、
1989年の西武に出てた、1924年のオリジナル。


細かい真珠を使ったネックレスらしいぞ(==)??






あ、、、ちなみに、『しろねこ』の兄の嫁さんは、バリバリの『ウクライナ人』で、ロシアとは仲良しでは無いらしい(ウワサ)。


(^_^;)、、、、、、

3deebb8e.jpg

このページのトップヘ