『しろねこ』の存在理由…。忘れてなどいない((( '')*

2015年12月



そうそう、

この指輪の石留めが終わり、

指輪をテーブルに置き『作品画』を仕上げている時でした。




たまに寄って頂けます男性の『との(顧客さん)』
「私にも買える物がありますでしょうか?」と、とても控えめに来られますダンディ(^-^)なおじさんです。


すうーっとお店に入って来られ、
テーブルにありました描き途中の作品画をチラッと見られ、

作品画に書かれたフランス語(たぶんフランス語?)が見えたのか、

「ほほぅ、今は『○○の時(日本語訳)』をお作りですか」と。


(;゜0゜)え?。



そして、テーブルにありました製作中の指輪を見て「ははぁー、素晴らしいですなぁー」と納得したご様子で誉めてくださいました。
(聞けば舞台関係のお仕事の方らしー)


( ´∀`)ありがとうございます。




(写真はデザインをワカラナイようにしています(__))


音楽をイメージし、音楽の様に、楽器の様に、ムダをはぶいた機能美を思わせるデザインを今回は追及したのですが、

第三者に1発で、デザインやイメージ、
そして『との(顧客さん)』が名付けられました『○○の時』のテーマを見ぬかれた事に、とても満足と安心をおぼえました(^-^)。






````((((__)×××,... 鋳造場の皆様には、、、

おやつの差し入れ、自由が丘の小さいモナカ50個入りで本当にスミマセーン。

ごめんなさーい(((__)

(__)))本当にありがとうございましたー。


ーーー来年もどうぞ宜しくお願い致しまーす((( __)





って事で、皆さま良いお年を!!!!!((*´∀`)♪






(^_^;)あ、

『Yくん』負けじと描いているご様子
(夕食後、集中して一気描き!)(笑)、、、



~~~つづきです(^-^)。



WAX原型製作の後は、鋳造にまわります。


その後、下仕上げ(後から仕上げられない部分がある為、全てピカピカに仕上げます)をしてから、ピンクゴールドにプラチナとイエローゴールドのパーツをロー付けし、再度、下仕上げへと、、、


が、、、、

K18 pink-gold 部分に細かぁーなス(空気の穴)が,(##)....


ルーペでよぉく見ないと、わからない程度ですが、全体に少しずつあり、(><)?....

『しろねこ』のクオリティ的にボツです(__)



鋳造後の仕上げの段階でストップしてくれれば良かったのですが、、、、

そのまま製作が進行してしまいました(==)...




ボツです、始めからやり直しです。。。。

。・゜゜(ノД`)




鋳造場(宝飾品専門の鋳造工場/略)にとっては「マジでぇ!????」「これダメなのー???」っていうレベルのスかもしれませんが、

ダメな物はダメなのです
_________________(__)。





やり直すってもーーー、

今回のは、そーぉ簡単にはいかない、超ビミョーなバランスの上での超満足なデザインですので、、、、
,....( ノД`)…



鋳造側の技術も借りつつ、WAXと平行しつつ、

1つ1つ、

1から試しなど鋳造直し、修正、確認、製作と進行してまいりました。


(あ、デザインのわからないようにボカシてます)





結果だい満足ヽ( ̄▽ ̄)ノ!!!!!!


鋳造の仕上がりはもちろん、細部のバランスもイケました。


イケテます(^-^)。



満足です。大大大一安心です( ´∀`)



(^-^)うまくイケタ事を『との(顧客さん)』にメール
そして、刻印のリクエストをおたずね。


即、刻印の返信が来ました (;゜0゜)!!!!!

やはり『音楽』に係わるコトバで、リングのデザインにピッタリ!

すごく嬉しいです ( ´∀`)!!!!





そして、細かい部分を加工し、

石座を合わせ、爪を造り、石留めをし、、、、

刻印、仕上げと、、、。


(仕上げ前、3コちゃんだけお見せします(__))




&,手描きの『作品画』を仕上げ、フレームにセット!





『との(顧客さん)』にも、とっても満足して頂けたごようす。

((( ^-^)vvv




良かった、良かった((^-^))





おまけへつづく~~~~~~((( ^^)



んーーーーーーーーーーーー 。


リフォームであり、こだわりのフルオーダーのリング君


わりと、かなり、自由な時間を頂けたリング(^-^)。



、、、、、、、、、、、、、、、、、、




通常、常連の『との(顧客さん)』も、初めての『との(顧客さん)』も、軽いスケッチや、会話の中からデザインの方向性を見つけ出していく。


方向性が決まれば、あとは『との(顧客さん)』と打ち合わせしつつも、細部、ディテール、仕上げ、コダワリは『しろねこ』お任せがほとんど(^-^)。




使われる宝石をいかすのはもちろんだが、デザインとしては『との(顧客さん)』に似合い、人間像を内面的にも美しい存在として見せれる事とが大切と『しろねこ』は思う、、、。






今回のスケッチは、

初めての『との(顧客さん)』でしたので、

趣味・趣向・アイデンティティーをさぐるべく

『様々なパターン攻撃の図』です。



パターン攻撃の図は、デザインと言うよりも、『との(顧客さん)』がナニを求めているか、そのバックグラウンドにはナニが『存在』するのか、会話の中で探るべき物でー


それらを煮詰めつつ、、、

、、、スケッチでは表せられない『デザイン』を作り上げていきます(^-^)。

(実際、スケッチとはまったく別物になります)



(写真はわかりにくく加工してます(__))



上の写真は、その時のスケッチ。

打ち合わせのイメージを忘れない様に、加工台の頭上に貼り付けたラフスケッチ。


って言うか、『しろねこ』自身へのプレッシャーがけです(==)


デザイン自体は、スケッチの中ではなく『しろねこ』の脳ミソの中におります。

========(==)





理由はそれぞれに異なりますがー、、、、


納期的に余裕を与えられた1点物だったりするとー、、、、



ようは『しろねこ』的に、より良く、より良く、より良く煮詰めにニツメ、につめていますと、


製作にキリが無い。~~((( ##)





んー?....と感じれば即、新たに、次(別)の作製に、、、。





んで、今回、、、

当初は『プラチナ』で製作の予定でしたが、

石のパワーバランスとでも言いましょうか、、、、



どーもプラチナだけだと、一番大きいコの存在感が欠け(==)、、、


色の存在感も、地金とのボリューム、バランス的に『との(顧客さん)』に重い。強い。美しさに欠ける。。。。




『との(顧客さん)』にメール。変更許可求む!。

K18 pink-gold ベースにして、プラチナと K18 yellow-gold をプチっプチッと使いました作りに(^-^)




よーーーーーーやく、。

カタチ的に、満足(^-^)!


(写真はわかりにくく加工してます(__))




今回、『との(顧客さん)』から感じた事は『音楽!』

音を奏でる、人、楽器、空間。




まんぞく満足(^-^)v.....つづく。




おーーーーーー!っ、(゜ロ゜ノ)ノ




1週間ほど前だったろうか、『しろねこ』のお店に超重たい段ボール箱が2つ届いたのだ !


ダンボール箱自体はさほど大きくないが、動かそうとしたら、、、重っ!!!!







アメリカの GIAが発行している『G&G』季刊誌と、
GIA JAPANさんが2008年まで発行していた、その『和訳本』。

和訳の無い、近年の物も含めてまして、114冊も!!!!




1985年のアーガイル産ピンクダイアが出だした時の号や、
1987年のコンクパールの号など『しろねこ』がリクエストしておりました号 ((*´∀`)♪

わざわざ在庫からピックアップして梱包してお送りくださいました!

( ノД`)…うれしいーーー。




すでに『しろねこ』は持っている出版物ですが、カラーダイアのコレクターにはたまらないレアで正しい出版物です(^-^)。




以前、

1994年, New Color Diamond Grading
1998年, Blue Diamond
2002年, Pink Diamond
2005年, Yellow Diamond

これら特集号の『G&G+和訳』デッドストックは、『しろねこ』のトコで全て購入させていただいてましたが、それ以外のコ達です(^-^)。




残念ながら、1990年の『ドレスデン グリーン ダイアモンド』がレポートされた号がストック無しだったり、

2008年の『ビッテルスバッハ ブルー ダイアモンド』をレポートされた号は和訳本(写真が白黒)しかなかったり、


入手不可の物も多くありましたが、それだけに貴重なコ達です(^-^)。




し、し、 しかし、

お店が狭く、店内に置くスペースがナイ (==)....




現状、

とりあえず、

ショーケースの一番下の目立たないスペースに、


無造作チックにおいてみました、、、(((бб)




0afe8ae2.jpg






販売は致しませんので、

『非売品』『Not for sale』とカキ書きカキ(^-^)!





サンタクロースの『大切に読んでくださる方のもとへ』との思いをあずかり、


少しずつ、『との(顧客さん)』や研究者、コレクターさんに差し上げたいと思います(^-^)。





Merry Christmas ( ´∀`)!

,



注:長いよ。眠いよ。超~眠いよ 。

この話し 。

...眠いよ 。





(^-^)在庫の『メレ君たち』を、チェックです。


国内大手ラボ、中央さんから『Diamond Kensa』って検査機器をお借りして、『しろねこ』のトコの無色の小さなダイアモンド達をチェック!






この機器だと、ラウンドカットの無色系のダイアを、『Type-I』と『Type-II』(その他ビミョーなコ含む) に、、、
スバヤク!、簡単にぃ、粗選別!、分類できる《超スグレモノ》装置です( ´∀`)



『しろねこ』のブログには、Type-IIaとか bとか良く出てまいりますがーーー


\(__)タイプ1とタイプ2の違いは《超簡単》に言いますと...

天然ダイアモンドは炭素で出来ているとよく言われますが、通常は窒素を必ず含み『Type-I』(1型)となります。

しかし、ごくごく希に窒素をほとんど含まないタイプが居ましてー、
それが、レアな『Type-II』(2型)です。

その他、細々分類がありますが、ここではハブキまーす(__)。



\(__)何故に《その様なチェック》をするかと言う説明は、~~長くなるので、ここではハブキまーす(__)。




ーーーーーー本番ーーーーーーーーー。




(^^ )上側の青いフタの部分を上に開けて、ダイア君を置きフタを戻す(数秒)。そんだけーーー。




プー(青ランプ点灯)

(どんどんダイアを置き換える)


プー

プー

プー(ふむふむ、なるほど。速い)

プー

プー、、、プー、、、

プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、




思っていたよりも速い!。


昔の年賀状印刷『プリントゴッコ』を思いだす。

(若い人は知らないだろう)




そこの人、

『プリントゴッコ』を知らないふりしないように。


そこの、

あなた 。(==)。。。






プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、




そして、めちゃくちゃ単調で、一気に睡魔が!

マズイ、眠ぃ ...(((*_*;)




とりあえず、ダージリン飲む~~~((( **)

(** )))~~~メガシャキも飲むー!




プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、プー、、、

プー、、、

プー、、、

プー、、、

プププ(オレンジランプ点灯)!。お( ' ' )!!'' 2型出た?。




ちなみに、この機器は無色系のダイア用ではあるが、カラーダイアを乗せるなとは注意事項に書いて無いのでー

試しに、0.09ct.未満の、薄いグレー ブルー(2型、鑑定済)と、アーガイル産の薄いグレー ブルー バイオレット系(1型)を置いてみた

プププとプーと、ちゃんと2型と1型、見分けて出た((;゜0゜)。



同じく、0.09ct.未満のアフリカ産と思われる薄いピンクを3コだけ試す。

こちらも、同じコを何度やっても、プププとプーがハッキリわかれて出ました(こちらは正確な分析は出て無いので、当たりかハズレかは不明)。


(機器を開発した中央さん(ラボ)いわく、無色系以外の正確性には???らしー)





そんなコンナな、プー、、、プー、、、プー



単調だが、

個々のサイズ別にしてある物(たくさん小分け)、

新たに仕入れて別けてある物(小分け、小分け)、

製作予定でメレ出し(小分け)にしてある物、

ディスプレイでバラバラにお店に出ている物、

なんだかんだ時間はかかる。




そして、プー、、、プー、、、プー

プー

プー

プー

プー

プー

プー


プー




プー






ズー







ズ、、、










ズ、Zzzz,...............( __)

.

このページのトップヘ