『しろねこ』の存在理由…。忘れてなどいない((( '')*

カテゴリ: アメリカの谷やら島やら(Tucson以外)


ごぞんじでしたぁ?

『しろねこ』は飛行機が好きなんですよね(“)~

ってコトで?、飛行機のってきました(ってか、旅行だ)


んー、って言うかね、
正確に言えばですねぇ(”)、

飛行機が好きなのでは無く、
飛行機から見た『地球』が大好きなのですよぉ(~~)。


特に好きなのは、飛行機から見た異空間的な大地でねぇ。

人の住んで居ないようなって言うか、住めないような…やつね。

アラスカの氷の大地も
アリゾナの砂漠の大地も
はたまた、ジャングルとか(”)??

かなり好きだな(あくまでも空から見るのがね)



雲の上の青空も好きだな。

太陽と地球が織りなす、水平線と大空の美しさなんか大好き(~~)



空から見た海?
、…海はあまり変わらないからねぇ…

しかし、
空から海を見ると、
けっこう好きな映画、
『惑星ソラリス』(1972年,ソ連)を思い出す。

そして、
ただただ海面を見てしまう…。



今回の飛行機は、ずぅぅっと海の上(==)…

残念ながら、窓の下は、ずずぅぅぅっと海(==)…



しかし、ずっと海を見ていると、何か違うナニカを見せてくれるのでは…。

などと、脳のどこかが期待します。

見たい、脳の、ナニカがね(“)~



え,...『惑星ソラリス』なんて、知らないですか?,....(”)?,.


おはようございまする(__)。
(帳簿、終わりました)

...(__)ZZzzz......z..

グランドキャニオンでは
睡眠時間を削って、
太陽、夕日、星空、朝日、空気、岩動植物山々々谷々谷々!?!!!?
と、楽しんで来ました。

1泊ではたりず、次に行く時は3泊ぐらいしたい感じですね。


ラスベガスは『シルク・ドゥ・ソレイユ』の『ズーマニティ』(アクロバット+セクシー+エロ)を観てきました。

普通のシルク・ドゥ・ソレイユとは、かなり内容の違う作品がみれたとー('');。



東京に戻り、途中だった帳簿も片づけて、ゴールデンウイークはヒマにしております。


眠い(__)ZZzzz......z..

ダレか、起こしに来てぇー


..... (__)ZZzzz......z..


んで、後はぁ、

色々色々楽しんで(“)~


お!!(¨),El Tovar Hotelのレストランのポモドーロ?おすすめ(~~)。



あぁ、時間たりない…。
帰り車の集合時間た…。

んで、夜、ラスベガスのホテルに帰り着く。



上/PHOTO:おにいさん落ちるよ(”)゜

中/PHOTO:くだっても、くだっても、谷。
標高は富士山の五合目ほどあるらしいですから(--)。

下/PHOTO:こちらが正しい(普通の)グランドキャニオンのリスさん。
まじめに生きています。
巣作りの材料集め中かなぁ(”)??。
目がコワイんですけど(==)…。





夜中に携帯充電、復活!!。

早朝、FREEシャトルバスにのり、東へ。
さらに東へ真っ暗な崖っぷちを歩く。



上/PHOTO:AM5:00,まだ真っ暗。

途中、外国人グループ2組ほど見ましたが…。




中/PHOTO:AM5:15,
またまた崖っぷちに陣取る。

刻々と、夜空の色が美しく変化してまいります(((¨)))




下/PHOTO:AM6:00,狙いドンピシャ(^^)゜

ねらった、トンガリ岩(山??)の先っちょから、太陽さんおはようございます(__)。



そして、快晴のグランドキャニオンが広がります(“)~






しまった。
携帯のバッテリーが…。

ロッジや売店ポイントあたり以外は圏外…。

バッテリーが急激に減少してた(==)。

そうです。すみません(__)、
…写真は全て携帯です。
(言うまでもなく、いつも携帯ですね)

さらに(__)、全て縮小してあります。

上のPHOTOなんて、わかんないですよね(==)。

ごめんなさいね(__)、
キレイな写真は…、
お店に見に来てね(__)。
または、送ります(^^)゜



電源OFFで、夕日ポイントを求めてサウスリムを東から西へ。

ずんずん西へ。
ってか…、人いないんだけど…。

あっちこっち楽しみながら、絶景ポイント発見(^^)!!


中/PHOTO:足もと(磐)の先は崖…『死』のみです…。

しかし、感覚がすでにマヒしてまして、危険も恐怖感も??です(==)??。



まわり…、生物は…、ダレも居らず。




下/PHOTO:
はるか遠く(20数kmぐらい?)
真っ平らな対岸(標高2500kmぐらい?)に
強っよい輝きの太陽が沈んで行きます(¨)~゜



,,,,,ぴぃー,(電子音)

携帯、バッテリー切れました(_)。





このページのトップヘ